新潟市で、リノベーション・リフォームをお考えの方は長北工務店の「Re;Sa(リサ)」へご相談ください!

スタッフブログRe;Sa(リサ)のスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

皆様こんにちは(*‘∀‘)

新潟市で、リノベーション&全面リフォームを手掛けているRe;Saです。

 

 

リノベーションの打合せ時に、お部屋を繋げて大きな空間にしたいので、

途中にある柱を外したい!と相談されるケースがあります。

 

この場合、適切に構造を読み取れる会社と、

何も読み取らずに柱は抜けませんとお話する会社に分かれる場合が往々してあります。

 

結論から申し上げます、在来の木造住宅であればおおよそ間取りの変更は可能です。

※対策の大小により、予算や工事内容の相談が必要です。

 

その場合に特に注目する部分として、梁があります。

 

梁【ハリ】とは…?

「梁」とは、「建物などの構造物で、柱などを支点として水平に渡す構造部材」のことです。

屋根や上階の床の重さを支えるために、横木を添えるのが一般的で、この横木の総称が「梁」です。

要するに、上からの荷重を横木(梁)で支えています。

 

その梁材が上の荷重が支えている場合は下の柱を取ることは可能です。

または梁材の補強をすることで、間取りの変更や柱の取外しを提案することもあります。

適正な構造を読み取ることで、現在の住まいの可能性を高める、耐震性の向上についても耐震診断をおこない、

上部構造評点を1.0以上目指して提案しています。

 

今まで住み継がれていた大切な住まいに現代の技術と補強をすることで、使いやすく、次世代に繋げる住まいとなります。

 

 

梁をいかして施工したお宅の写真です。リノベーションの醍醐味ですね。

 

 

 

弊社では木造建築の向上リノベーションも得意としています!

 

是非、これからの住まいのお話しをお聞かせください。

 

新潟市で、耐震2倍断熱2倍価格2/3のこだわりのリノベーションといったらRe;Saです。

二世帯・実家・全面リフォーム・施工事例を見たい方は、ぜひ弊社のリノベーション展示場にお越しください。

またコロナウイルス感染症がご心配な方にはZOOMによるオンライン相談にも対応しております。

※ご予約は、下の予約フォーム、またはお電話にて受け付けております。

0120-73-0645 (営業時間 9:00~17:00)